ヨーロッパのシーズンの3番目のアグリグリフはハンプシャーで発生します

この6月11日、イギリスのハンプシャーで、ロングウッドでもハンプシャー州でも見られた最新の輪作の8日後に、美しいアグリグリフが出現しました。6月1日にフランスでシーズンの最初の絵が登場しました。

新しいデザインは、Owslebury地域にあり、この地域を通る重要な高速道路Belmore Laneの近くにあります。Owsleburyは、ウィンチェスターから約8km、イングランド南部のハンプシャー郡の村および市民コミュニティです。ウィンチェスター市の行政地区内にあります。

航空写真では、アグログリフはロングウッドとBelmore Lane高速道路の交差点付近に表示されます – 6月3日のアグリグリフ地域。

この新しいデザインは、その地域の本物のアグリグリフの対称性とケア性を備えた、申し分のない構成を提示します。その形状は動いている車輪に似ており、その8つのらせんの円は私たちに時計回りにエネルギーコイルを回転させることと同様に時計の時間の経過を思い出させます。

象徴性は強いですが、アグリグリフのメッセージの本当の意味、つまり今日の研究者を興味をそそるものは何か不明です。これは違いはありません。  憶測は始まったばかりですが、それはすでにダイナミクスやスピードで動いているものとの大きな関係を示しています。

時間でしたか?太陽?エネルギー?力が働いている?変わった?とにかく、それは一夜にして起こるこの現象のように、私たちの世界に早く来る何かを示唆しています。

2019年シーズンの新しい、美しく、そして力強いagroglifoの写真とビデオを見てください。

 

ソース:Cropcircleconnector.com

 

今月は、RevitaのUFO A. J. Gevaerdの編集者が、イギリスへの彼の旅行を引き受けます。研究旅行や参加方法の詳細については、Viaje com Gevaerdをご覧ください。

英語のアグリグリフ研究旅行

Ufologyの最も興味深い現象の1つの知識への旅

2019年6月22〜30日ウィルトシャーイギリス

http://viajecomgevaerd.com.br

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です