ニュージーランドは4日間の作業週のみを実装しています (従業員の生産性が向上します)。

ニュージーランドの会社は、従業員が通常の5日間ではなく、週に4日だけ働いた場合のメリットをテストしました。パーペチュアルガーディアンは、商品や遺言を管理するオークランド市の会社です。3月から4月の間に、彼らは240の従業員に余分な有給の日を与えたテストを開始しました。 従業員は5日間の就業時間を支払ったが、月曜日から木曜日までしか働いていなかった。研究は、外部の研究者によって使用された指標に基づいて、多くの利点を示した。まず、78% の従業員が個人と仕事のバランスを管理することができるという感情を報告し、過去に行った同じ研究に対して 24% の印象的な増加を表しています。労働者はまだソーシャルメディアをチェックする必要性が低く、仕事以外のプロジェクトに気を取られていませんでした。チームはストレスをあまり感じないと報告し、彼らの生活により満足を表明しました。従業員はまた、より生産的で、従事し、献身的で、刺激を受けていることを示しました。同社は現在、恒久的に4日間の作業週を実装するために働いており、そのモデルは、ニュージーランドと世界中の他のビジネスを鼓舞することを期待しています。「自分のチームにとってより良い環境をつくりたいと思ったからです」と、永久ガーディアンの最高経営責任者は言いましたよね。うまくいけば、多くの起業家はまた、このアイデアに触発され、仕事への誇張された献身よりもむしろ、生活の質を優先します。 #CopiaMundão 写真: Pixabay

Facebook Comments Box

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。